Pick up interview

周りに支えられ、

女性の私もこうして

​働いています!

貨物搬送業務担当

山本  千保

入社して、まだ9か月という山本さん。
滑走路内でトーイングトラクターを自由に操縦し、テキパキと動く姿からはフレッシュさと同時に既に自信を感じます。
そんな山本さんに、​仕事や会社の魅力についてインタビューしました。

Interviewer:楢崎雅也 Photographer:ホアン・カレラ

飛行機を間近で見られる特別感

初めて滑走路内に入ったときのことです。

一般の方が入ることのできない制限区域内で、飛行機を下から見上げたとき、その迫力と感動は今でも鮮明に覚えています。


空港内で働こうとおもったきっかけ


ある日、旅行に行く際に、展望デッキから外を眺めていると、偶然ANA機の側で働く皆さんの姿を拝見し、一瞬で心が動かされました。
そして「あの雄大な飛行機が職場なの?何てかっこいいんだろう。私も、あの飛行機の側で働いてみたい!」という気持ちが湧きあがり、いつしか飛行機に関わる仕事をするのが目標となりました。
そして今、こうして夢を叶えてANAの航空機へ貨物搬送業務を行う仕事に就けています。

誰もが心配する女性が貨物の運搬!?

コンテナの大きさ一つ見ても、人が20人は裕に入るサイズです。
トーイングトラクターで運ぶとは言え、重労働なのでは?と思い誰もが女性には大変なのでは?と聞いてきます。
もちろん貨物を扱う以上、重たいときはあります。だけど、いつも仲間が手伝ってくれるので、周りが心配するほど辛いと思ったことは正直ありません。

夏の暑さ、冬の寒さにも負けず

大変かどうかというより、気を付けていることは「体調管理」です。

外の仕事なので、夏は摂氏50度を超える日があったり、天候の変化で急な雨に打たれたり。冬は凍えるような寒さの中作業したりとそこは大変ですが、いつも一人ではなく仲間が近くにいるので心強いです

次の作業が見える!視野が広がった瞬間

最初は、自分の作業だけでいっぱいいっぱいで、目の前の事しか見えませんでした。
それが作業に自信をもって取り組めるようになった頃から、周りが見えるようになり、次の作業を想像し誰かのフォローに自然と入れるようになっている自分に気が付いたんです。

そのとき、自分の成長を感じ嬉しかったです。

応募をご検討の方へ

体力に自信がないと思っている方、特に女性でも安心して働くことができます。(私が証明です)
社内は若い人が多くエネルギーに溢れています。またシニア採用として働いている私の父くらいの年齢の方も多いのですが、まさに「家族」と言えるような温かい会社です。休憩時間の雰囲気もいいですよ!

 

飛行機や空港が好きで、当社に興味をもっていただいたなら、是非一緒に働きましょう!

​>>
私が担当する貨物搬送業務はこんな仕事!

 

Pick up interview

現場の仲間を
思いやれる
​コントローラーとして

コントローラー業務担当

牧野  祐介

全体の指揮をとる牧野さんは現在26歳。
3年間の現場経験を経て4年目に就いたチェックコントローラー業務。
そんな牧野さんに、​
仕事や会社の魅力についてインタビューしました。

Interviewer:楢崎雅也 Photographer:ホアン・カレラ

コントローラー業務について

一日に約390便のANA国内線、Air Do46便、さらにスターフライヤー54便の運航を支えるのがコントローラーの仕事です。
コントローラーには4つの担当部署があり、
・出発便の貨物搭載量を把握し、担当者に指示を出す出発コントローラー

・無線機を片手に常にモニターを確認している到着コントローラー

・スターフライヤー便の担当者を配置するGSEコントローラー
・そして、全ての作業を統括するチェックコントローラー

これらは全て現場経験が豊富な社員が従事しています。

分かりやすい言葉の使い方を大切にする

自分の確認ミス一つで、航空機の遅れを起こしてしまう可能性があるので、確認の徹底と、分かりやすい言葉でチームの仲間に伝えるようにしています。

 

やりがいを感じる瞬間

一日を通して遅れやイレギュラーがなく、無事に終わったときは、いつも充実感を感じています。

一つのミスが多くの方の迷惑につながるだけに、仕事が終わったときの安心感というか、やりがいはとても感じます。

現場の大変さを知っているからこそ

大切にしていること

夏はうだるように暑く、冬は凍えるように寒い現場作業。

その経験を自分自身もしてきました。


自分たちコントローラーが立てた作業プランをカタチにしてくれるのは現場の仲間です。仲間の健康状態を気遣えるコントローラーとして、これからも一便一便、確実に貨物を搭載し、航空機の定時出航を支えていきたいです。

応募をご検討の方へ

20歳で入社した自分が4年でコントローラー業務まで任せてもらえるようになったのは、会社としてチャレンジさせてくれる文化があるからだと思います。
資格を取得し仕事の幅が広がり、新たな業務が身についてきたとき、自分自身の成長を感じることができます。

社員の仲がよく、和気あいあいとしていますが、仕事に入るとピリッと引き締まった空気になります。
そのメリハリもまたいいですよ!

​>>
私が担当するコントローラー業務はこんな仕事!

 

Pick up interview

到着から出発まで一連の業務を行うやりがい

ランプハンドリング業務担当

内山  陽介

入社して6年の内山さん(26歳)は北海道の航空専門学校を経て、羽田空港ハンドリングサービスに入社しました。

そんな内山さんに、​仕事や会社の魅力についてインタビューしました。

Interviewer:楢崎雅也 Photographer:ホアン・カレラ

ランプハンドリング業務について

現在はスターフライヤー便の専属で、ハイリフトを使った貨物の搭降載をはじめ、PBBの装着、ランプハンドリング、トーイング補助業務などの、航空機駐機作業を行っております。

到着から出発まで一連の業務を全て担当するのですが、ANA便業務とは、技術や知識がまた別で、一から覚え直す必要があります。
​自分は入社して4年目にこの業務に就きましたが、仕事の幅を広げるという意味でもスターフライヤー便業務は人気です。

せっかく働くならば、羽田空港で働きたい!

地元が北海道だったので千歳空港での仕事に応募するという選択肢もありました。しかし、せっかく働くのであれば、日本一の羽田空港で働きたいと思い、専門学校へ説明に来られていた羽田空港ハンドリングサービスに入社しました。

スターフライヤー便だからこそ大変なこと

スターフライヤー便の業務は、2人1組で行う業務で、1日を通して別の会社の方とコンビを組むことになります。
目標は同じでも、人によってやり方は必ずしも同じではないので、臨機応変に対応できるコミュニケーション能力が大切になります。

やりがいを感じる瞬間

飛行機のお客様へ一礼して手を振るのですが、そこで、飛行機の窓から手を振ってくださるお子様がいるのが見えると、定時に飛行機を出発させる安心に加え、喜びが湧いてきます。
​特に、外が暗くなってからは、機内で手を振るお子様の表情までしっかりと分かり、この仕事のやりがいを感じます。

応募をご検討の方へ

ランプハンドリング業務などでは、大きな機体も人の手で指示を出し、停止位置まで誘導するのですが、その時のエンジン音は凄いものがあります。
機内からでは聞いたことのない音や風。いつかは慣れるのだろうと思っていましたが、慣れとは別の仕事への「やりがい」は今でも常に感じています。

飛行機が好きな方にとっては最高の職場になると思います。
 

また、職場の仲間は本当に仲が良く、仕事終わりに、年齢問わず一緒に蒲田へ飲みに行きます。
夏の暑さ、冬の寒さ、もちろん楽しいことだけではありませんが、羽田空港ハンドリングサービスの仲間となら、全然乗り越えられるはずです。
年齢も20代で皆様とまだ近いと思うので、応募されて、職場で私を見かけたときは、「ホームページに出ていた方ですね!」と声をかけてくださいね。
​>>
私が担当するランプハンドリング業務はこんな仕事!

 

Pick up interview

公務員からの転職
​憧れの空港業務へ

貨物搬送業務担当

田中  樹

入社して4か月目の田中さん(23歳)は一度は公務員として採用された後、憧れの空港での仕事を忘れられず羽田空港ハンドリングサービスへ入社しました。

研修と訓練を終え、現場に出たばかりの田中さんにインタビューしました。

Interviewer:楢崎雅也 Photographer:ホアン・カレラ

木村拓哉さん主演の 「GOOD LUCK!!」 に感動して

2003年に放送されたテレビドラマ「GOOD LUCK!!」(グッド ラック)を見た時に、空港の仕事に興味をもち始めました。
キムタクはパイロットで、ドラマの中ではそれ以外に整備士さんが出るくらい。今自分がしている貨物運搬業務などは、出ていませんでした。
しかし、空港内の仕事にはどんなものがあるんだろう?と思い、ドラマをきっかけに深堀りしていくと、本当に様々な仕事を見つけました。
当時は、まさか空港で働くとは思っていませんでしたが、今の自分がこうして羽田空港で働いているのは「GOOD LUCK!!」の影響が大きいです。

ホームページを見て即応募

空港の仕事を調べる中で、羽田空港ハンドリングサービスのホームページに書かれている「ANAのグランドハンドリングを行う」という言葉を見て「これだ!」と思いました。

ANAの業務を自分ができると思うと、公務員という絶対安定した仕事よりも、自分のワクワクする気持ちを選びました。

目標はお世話になった上司と仕事で組むこと

入社して約3か月間、しっかりと研修と訓練を行っていただいたのが大川マネージャーと、斎之平教官でした。
​現在、斎之平教官はスターフライヤー便でハイリフト業務を行っているのですが、そこにいつかスターフライヤー便への貨物運搬資格をとった自分が貨物を届け斎之平教官にバトンタッチし、航空機を無事に送り出すのが今の自分の目標です。
大川マネージャーと、斎之平教官に教わることができて本当によかったと思っています。「師匠!」と呼ばせていただいているのですが、本当に信頼しています。

応募をご検討の方へ

羽田空港ハンドリングサービスは仕事のオンオフの切り替えがしっかりできるメンバーがそろっています。
明るく笑うスタンバイルームから一歩外に出ると、一気に引き締まった表情になり、何百人をも乗せた航空機に携わる仕事に対し、会社全体で責任感をもって取り組んでいるのを実感しています。
ただ、オフになると、年齢も社員もバイトも問わず仲が良く、仕事終わりにみんなでバッティングセンターに行ったりもします。
常に時間を意識し、定時に飛行機を出発させるこの仕事に、チームワークは不可欠です。
黙々と真面目に作業ができる方はもちろん、いい仲間と仕事をしたい!いい上司に出会いたい!という方には、自信をもって羽田空港ハンドリングサービスをおススメします。

​>>私が担当する貨物搬送業務はこんな仕事!

Copyright © Haneda Airport Handling Service

羽田空港ハンドリングサービス株式会社.png
MENU